晩成種ふじの実すぐりに入っております!

前回載せたトキの実すぐりも終わり、早生ふじ(弘前ふじ)も終わり、当園では最後に収穫する代表品種のふじの実すぐりに入っております。まだまだまだあるぞ~!しかも一番すぐりですので、ぜーんぶの園地が終わったら、すぐり忘れがないかもう一度最初から回るのです(笑)ほんと、嫁いだときはびっくりでした。まさかこんなにも一つ一つのりんごの何度も手をかけて育てているとは思ってもみなかったのです。でも考えてみるとみかんやももなどもそうやって一つ一つに手もかけて思いを込めて作ってるんですよね。なんにも考えずこたつに入ってみかんバクバク食べていた結婚前の自分、反省したいと思います。

今作業している園地は旦那さまが一番気にして手をかけている園地。自分の代で購入した園地なので力が入るのもなお更でしょう。この園地だけ実がすんごくおっきくて、また枝ぶりもよくて、ハシゴもかけやすいので仕事もしやすく作業がどんどんはかどるのが目に見えるので楽しいです。
相変わらず三男を連れての出勤の私なので、思うように作業に加われない事が多々ありますが、精いっぱい楽しんで仕事するぞ~

写真は、初めてハシゴのてっぺんに登ってみた三男くんです。いい青空です!!


2014年6月24日 りんご栽培日記

▲このページのトップへ