先日の寒波の様子(雪・ゆき・ユキ!)

その前の暴風雨では目をつぶれるくらいの落果量でほっとしていた矢先に、10日日曜日の暴風。ものすごい風で。台所で茶碗洗いしながら、暴風で揺さぶられ落ちていくりんごをただただ見ているしかありませんでした…。本当に涙が出ました。先日、重くなってきたお腹を抱えながらツル回した自宅前園地でしたから、なおさら…。そんな大荒れの中、旦那さまはじめ家族とお手伝いに来てくれた親戚のおじさんと、別園地にて収穫を急いでいました。本当に大変だったと思います。私も日曜でなければ!妊婦でなければ行けるのに!!とやきもきした気持ちで一日を送りましたよ。
そうして次の日11日月曜日、今度は雪!天気予報通りではありましたけど、ここまで正確に当たらなくても!!と言いたくなるほど降り続く雪!雪!!雪!!!まだ半分以上「ふじ」の収穫がある中でこの雪はかなりの時間的ロスを与えられました。雪の中、寒い中無理してりんごをもぐと手型がりんごに残ってしまう、だから雪がやんで気温が上がってくるまで待つしかないのです。本当にやきもきですね。シーズン一番の雪は水分が多く湿った雪の為重い。りんごがまだぶら下がっている枝にその湿った雪がつもるのですから大変な重さでしょう。当園では枝折れ被害は少なく済んだほうですが、山側の地域ではかなりの被害があったと後で聞きました。昨年の大雪による枝折れ被害に続き、今年も、しかもまだ雪降り始めのシーズン本番前にこのような被害で、自然相手というのは一番難しいのかもしれませんね。

昨日、今日でだいぶ雪も少なくなってきて、ただいまみんなで収穫を急いでいる段階です。雪は大変でしたが寒さのおかげで実がしまって甘さもより一層増したでしょう。
今年もあと少し、ほかの農家のみなさんも一緒に頑張りましょう!!


2013年11月15日 りんご栽培日記

▲このページのトップへ