新春剪定大会

【2013/1/7 雲時々雪 気温:最高-1 最低-5】

今日は朝から、りんご協会主催の新春剪定大会へ出かけていきました、うちの旦那。この時期剪定講習会や剪定大会、請け負い剪定と、剪定オンパレード!頑張れ旦那ちゃん!!剪定で秋の収穫が決まると言われているほど剪定は大事な作業。去年の収穫時期、私(嫁)でもハッキリわかりました。旦那がめちゃくちゃ力を入れていた園地があり、そこの畑は枝ぶりも良く、他園地に比べ玉伸びももちろん、色もとてもよく真っ赤に着色していました。春の実すぐり作業の影響ももちろんあると思いますが、やはり冬期間の剪定(枝切り)が一番作用しています。

落葉樹の為冬の木には葉がついていないのですが、葉の無い木に頭の中で葉を付け実を付けイメージし、どの芽を残したら良いか、日当たりをよくするにはどの枝が必要かそうでないか、それだけではなくハシゴをかけやすいように枝の間隔も調整したりと本当に頭を使う作業だと思います。

そんな頭が混乱するような作業を男性のみなさんは寒い中やってるんです。脱帽ですね(>_<)

その切られた枝を片付けるのが私たち女の作業(笑)はい、私もその時になったら枝片付け義母さんと頑張りますね☆

記:嫁


2013年1月7日 りんご栽培日記

▲このページのトップへ